IchigoJam活用法(初心者編)〜自宅で簡単にゲームを作る方法


人気のIchigoJam教室。
メリットの一つは、教室で作成したIchigoJamを持ち帰れて、自宅でもプログラミングの学習ができるところです。
とはいえ、講師もいない自宅では、いざIchigoJamが完成してもいったい何をしたらよいかと戸惑う人も多いと思います。
そんなときにオススメなのが、IchigoJamを自宅でも存分に楽しめるツールです。
お持ちのIchigoJamを活用してぜひ子どもの自宅学習にお役立てください。

次回のIchigoJam教室のワークショップは4/23(日)です。
座席数残り僅かになってきましたので、お申込みはお早めにどうぞ!
過去のワークショップの様子はコチラ→満員御礼!3/11 PCN東京世田谷IchigoJamプログラミング教室レポート

Kidspod;

Kidspod;は子どものためのプログラミング投稿サイトです。
自分でまだプログラミングを組めない子でも、サイトに投稿されたプログラムを入力するだけでゲームを楽しむことができます。
もちろんゲームのアレンジは自由。
自分好みに難易度を変えたりして、オリジナルゲームにアレンジすることが出来るので、市販のゲームとは違った楽しみ方ができます。

プログラムを見るだけならユーザー登録も不要で手軽に楽しめます。
例えば、こんなゲーム

左右に動く縄(「ー」の文字)に当たらないよう、キャラクター「@」をスペースキーでジャンプさせて避ける「縄跳びさっちゃんゲーム」。
以下のソースコードを入力すれば自分のIchigoJamでも実行できるようになります。

10 Y=23:V=99:X=16:U=5:S=0
20 IF V!=99 Y=Y+V:V=V+1
30 IF 23<Y Y=23:V=99:S=S+1
40 X=X+U
50 IF 16<X U=U-1
60 IF X<16 U=U+1
70 K=INKEY()
80 IF K=32 V=-3
90 CLS
100 LOCATE 16,Y:PRINT"@"
110 LOCATE X,23:PRINT"-"
120 LOCATE 0,0:PRINT"SCORE:";S
130 IF (Y=23)*(X=16) END
140 WAIT 2
150 GOTO 20

入力間違いさえなければ、これでゲームが遊べるようになるはず。
あとはキャラクター「@」を別のものに変えてみたり、数字を変えて縄の動きをアレンジしてみたり。
ココを変えるとココが変化する、と色々試していくうちにコードの意味も学習できてしまいます!

長いコードを全て入力するのがまだ難しいお子さんの場合は、こんな便利ツールもあります。

こどもネットワークボード「MixJuice

MixJuiceはIchigoJamでネットワーク通信が可能になるこどもネットワークボード。
IchigoJamと接続することで、Wi-Fiに接続して情報を送受信することができます。

このMixJuiceを使うことで、Kidspod;で紹介されているプログラムを自分のIchigoJamに簡単に入力できるようになります。
使い方は簡単。
入力したいプログラムのURL(下の写真の赤線部分)を確認して、

MixJuiceと接続したIchigoJamに「MJ GET」というコマンドを入力します。
MJ GET の後に先程確認したURLを入力して実行すれば、画面上にプログラムが表示されます。
これで、完了!
コードを1行1行入力したのと同じ状態になります。

入力はめんどくさい、時間がかかりすぎて途中で飽きてしまう、そんなお子さんの救世主。
大変すぎてプログラミングへの興味を失ってしまうよりは、覚えるとこんなことも出来るんだ!とプラスのイメージを与えておくほうが正解です。

テキスト

一からプログラミングを自分でも作りたい!
基礎を学びたい!
と、プログラムに対する興味が十分に出てきた子どもには、テキストでの学習もおすすめです。
初めてでも使いやすいのが、IchigoJam専用のテキスト。
IchigoJamでプログラミング(おまけCD付き)」は、初めてIchigoJamを触る人にもおすすめの入門テキストです。

基礎編と応用編に分かれているので、初めての人はもちろん、何本かプログラミングを作ったことがある人でも満足できる内容になっています。
難しい表現は使わず、漢字もふりがな付きで、小さいこどもで楽しく読める内容なので、子どもが1人で使ってもOK!
IchigoJamを使いながらテキストに書かれたプログラムを実践していくうちに、1冊読み終えるころには親よりもプログラミングが詳しくなっているかも?!

テキストは、ネットでの購入のほか、IchigoJam教室でも販売しています。
教室でIchigoJamを体験した後、記憶が薄れないうちにテキストで自宅でも継続できたら完璧!

まとめ

IchigoJam、作っただけで満足してしまうのはもったいない!
ぜひ自宅でも活用して、プログラミングの学習に役立てください。

PCN東京世田谷では、毎月IchigoJamの作成とプログラミングを学べるワークショップを開催しています。
(4月〜6月の予定はコチラ→PCN東京世田谷 こどもプログラミングワークショップ 4月〜6月の開催のお知らせ
今回ご紹介した「Kidspod;」や「MixJuice」の使い方、テキストのわからないところなども、ご希望の方には講師がアドバイスさせていただきますので、初めての方はもちろん、2回目以降の方もぜひお申込みをお待ちしております。

また、教室内で使用したモニターやキーボードも希望者は購入可能です。
自宅に帰ってすぐに始められる環境があれば、ワークショップでの楽しさを忘れないうちに自宅での学習につなげることができますね。


PCN東京世田谷 こどもプログラミングワークショップ 4月〜6月の開催のお知らせ
こどもパソコン「IchigoJam」活用法(中級者編)〜作ったゲームを公開しよう!

Comment List

Comments are closed.